ノートとペン 今週の「コジマ式 変革経営の視点」 代表 小島 主の経営者様向け専門コラム

同族会社を経営する社長様へ。

我が社にイノベーションを起こし、業績だけでなく・文化的にも豊かな会社に進化・成長するために。3年分 受注残をつくる先行経営、業績3年 先行管理、付加価値経営 といった視点で、小島なりの気づき、ヒント、応援内容を毎週火曜日に更新しております。ぜひ、貴社の経営にご活用ください。

なお、ペースメーカーとして当コラムをご活用なされる経営者様は、当社メールマガジン(購読無料)へのご登録をお薦めしております。

第94話 笛吹けど躍らず。なぜ我が社が変革しないのか

  「創造のための破壊。重要ですがなかなか進みませんね」   S社長からご相談がありました。先週のコラムを読んで 破壊 → 創造 → 安定 → … のサイクルは理解している。ただ、創造のための破壊が上手くいかず困っている。とのことでした。   S社長は、ご相談の中で「我が…

More

第93話 なぜ、できる社長はチームワークを捨てるのか

  「もっとチームワークを高めなければ!」   ある専門商社を経営するA社長のお言葉です。A社長は 「社員は財産である」 という観念のもと、チームワークを高める活動を実施していました。社員と共に成長し、我が社を次のステージに進めようとしていたのです。   しかし…

More

第92話 チャンスをもぎ取る社長と見逃す社長の分岐点

  「時流にのってチャンスを掴む。ガッツリ稼ぎたいものですね」   先日、セミナーに参加なされたM社長のお言葉です。20数年程前、携帯電話が一気に普及しました。この時流の恩恵で急成長したある会社の話を聞いたからです。   2019年現在、米中の貿易摩擦、イギリスの合意なき…

More

第91話 なぜ、具体的に考えると実行力が低下するのか

  「もっと具体的に! だから実行できないんだ」   営業部のM部長は、部員に発破をかけていました。   「このままでは目標予算を達成できないぞ。いつも “頑張ります!” と言うけど、精神論では何ともならないぞ。具体的に考えて、やらなきゃダメだろ…」 と続けていました。 …

More

第90話 実践主義の社長と、実現・具現主義の社長の違い

  「ちゃんとやったのか。やってみなけりゃ分からないだろ」   計画通りものごとが進んだら…。これほどありがたいことはありません。実際には、前提条件が変わったり、想定外のトラブルに見舞われたり…、物事を思い通りに進めることは容易ではありません。   ですから、「…

More

第89話 なぜ、成功事例を真似しても上手くいかないのか

  「あの○○社。とにかく凄かったですよ。小島さんが私ならどうしますか?」   勉強熱心なE社長。先日、夕食をご一緒したときのご質問です。   E社長は、ある事例研究会に参加しており、毎月各地域の優良企業を視察しています。つい先日も、ビジネス雑誌で特集が組まれて…

More

第88話 なぜ、モチベーション対策が害悪になるのか

  「小島先生。今の我が社には、停滞した雰囲気が漂っています。社員に、もっとやる気を出してもらうために、どの施策が効果的でしょうか?」   セミナーに参加されたM社長からのご相談です。   M社長の手元には、モチベーション施策がズラッと並んだメモがありました。事…

More

第87話 “らしさ” を つぶす社長 と 活かす社長 の違い

  「多様性を活かした経営。社員の個性を活かすには…」   多様性(ダイバーシティ)を考える時代。個性が重要。ここ数年、人事系のフォーラムや雑誌で頻繁に耳にする言葉です。いわゆるダイバーシティマネジメントというものです。組織を構成する人材がもつ個性(違い)を受け…

More

第86話 どちらが正解? やらずに後悔か、やって後悔か

  「やらずに後悔するよりも、やって後悔する方が良い」   自ら挑戦し困難を乗り越えた方、何かを成しとげた方がいう言葉です。   言い換えれば、「現状を維持して(変えないで)後悔するよりも、挑戦して(やり方を変えて)後悔するほうが良い」「変えない覚悟をするよりも、変える覚…

More

第85話 お恥ずかしい『管理はコスト』だと思っていました

  「『管理なんてコストでしょ』当然のことだと思っていました。今では、違うことが良くわかります。以前の自分が恥ずかしいですね」支援先のK社長がおっしゃいました。社員数が30名ほどに増え、順調に成長している会社です。   数年前まで、K社は約10名の会社でした。誰がどの案件…

More