ノートとペン 今週の「コジマ式 変革経営の視点」 代表 小島 主の経営者様向け専門コラム

同族会社を経営する社長様へ。

我が社にイノベーションを起こし、業績だけでなく・文化的にも豊かな会社に進化・成長するために。3年分 受注残をつくる先行経営、業績3年 先行管理、付加価値経営 といった視点で、小島なりの気づき、ヒント、応援内容を毎週火曜日に更新しております。ぜひ、貴社の経営にご活用ください。

なお、ペースメーカーとして当コラムをご活用なされる経営者様は、当社メールマガジン(購読無料)へのご登録をお薦めしております。

第104話 売上より利益。この発想が根腐れを起こす

  「今の時代、売上拡大を目指す会社はズレていませんか?」   T社長からいただいたご質問です。弊社セミナーで紹介した事例企業が売上拡大を掲げていました。それをどのように達成したのか、という内容聞いたものの、その前提に疑問に思ったようです。   T社長は 「もう…

More

第103話 どんな話題? 強い会社の慰労会や忘年会

  「小島先生。もう師走ですね。プロジェクトの慰労会と忘年会を兼ねた企画していまして、例年とは異なる形で実施したいのですが……」   K社長と食事をしている際に出てきた話題です。K社は、忘年会や慰労会を毎年開催しています。しかし、プロジェクトが一区切りついた今、…

More

第102話 御社はどちら?大器晩成型か、大器早成型か

  「受注が不安定で、いろいろ策を打っているのですが…」   先日、ご相談に来られたM社長のお言葉です。高額製品の製造・販売をしているものの、競合との差別化が難しく、受注に波があるようです。受注の平準化に頭を痛めていました。   「ひょっとしたら、コタツに入って…

More

第101話 なぜ、吐き気を求めると会社が飛躍するのか

  「小島先生。あまりのショックに吐き気がしました」   T社長は、某技術系カンファレンスに参加しました。そのときの感想です。   「それは良かったですね」   と小島は言いました。T社長に “吐き気” という身体反応が表れたからです。   「AI(人工知能)技…

More

第100話 なぜ、稼ぐ会社は顧客ニーズを受け流すのか

  「小島先生。今、顧客分析をしています。得意先のニーズを探っているのですが……」   経営者特有の勘を働かせ、個別相談に来たY社長のお言葉です。   Y社では、調査会社の協力のもと、顧客満足度調査という名目で得意先の担当者にインタビューをして、その報告書が順次…

More

第99話 なぜ、社長が変革を主張してはいけないのか

  「我が社を変革せよ!」   社長は、事業環境の変化を敏感に察知し、次なる手を考える生き物です。   そして、その危機意識を社内にも浸透させるべく、機会を設けて変革の重要性を社員に伝えます。なぜなら、社員に浸透しなければ、自社の変革が進まないからです。   会…

More

第98話 できる社長と美味しいチャーハンの関係

  「我が社の経営理念は……」   「中期経営計画として……」  「今期の目標は……」   社長は、理想を掲げる生き物です。   向上心の高い社長ほど、熱心に理想を掲げます。そして、そこで働く社員に対して、理想を目指すように発破をかけます。なぜなら、社長は会社の全責任を背…

More

第97話 “いかす”社長と“いけす”社長の根本的な違い

  「企業はやはり人じゃないですか。だから我が社は人材育成に注力しています」   社員をとても大切にしているH社長。社内では定期的に勉強会を開催しており、社員同士で教えあう文化も育っています。とても素晴らしい取り組みです。   しかし、低迷した業績は回復していま…

More

第96話 前進と後退の分岐点。似て非なる会社の違い

  「会社を変革させるコツって何ですか?」   先日、ある勉強会でS社長からいただいた質問です。   S社はこの何年も “現状打破” “変革” といったキーワードを年度方針に掲げていました。しかし、社長が期待している20%も変革は進んでいないそうです。   < …

More

第95話 買い物上手な社長とDIY上手な社長の共通点

  「指示待ちの社員が多くて…。自律型組織への変革が急務なんです」   先日、弊社セミナーに参加なされたB社長からお電話をいただきました。業績の先行きが厳しい中、自社の眠った可能性を引き出すべく、個別に相談がしたいとのことでした。   既にコンサルティング会社や…

More