ノートとペン 今週の「コジマ式 変革経営の視点」 代表 小島 主の経営者様向け専門コラム

同族会社を経営する社長様へ。

我が社にイノベーションを起こし、業績だけでなく・文化的にも豊かな会社に進化・成長するために。3年分 受注残をつくる先行経営、業績3年 先行管理、付加価値経営 といった視点で、小島なりの気づき、ヒント、応援内容を毎週火曜日に更新しております。ぜひ、貴社の経営にご活用ください。

なお、ペースメーカーとして当コラムをご活用なされる経営者様は、当社メールマガジン(購読無料)へのご登録をお薦めしております。

第71話 御社の顧客開拓や商品開発が失敗する理由

  「3度目の正直を期待している。今期の目標予算は必ず達成してくれよ!」   期待していた東京営業所。2年連続で目標未達。A社長は、いらだつ気持ちを抑え、目標必達の重要性を伝えます。   「はい。今期は必ず目標予算を突破します」   N所長は、返事をしました。     目…

More

第70話 社員を育てる社長 と 自ら育つ社長の違い

  4月。新卒の学生が社会人生活をスタートしました。   新入社員を採用した会社の多くは、自社で新入社員研修を実施したり、公開セミナーに新入社員を派遣したりします。   「この研修を通じて、学生から社会人へ意識と行動を切り替えよう。そして、1年で一人前の社会人になろう!」…

More

第69話 ○○いっぱいの会社は深刻化しない

  「もう一度、なぜなぜ5回(なぜなぜ分析)で原因を特定してみよう」   T社長は、トラブルの度に社員に発破をかけます。すると、どこかで見聞きした模範解答が社員から提出されます。しかし、何度も同様なトラブルが発生しており、なくなりません。根本的な対策が打てていないからです…

More

第68話 成果をだす○○社長と波にのまれる○○社長

  「何とかしましたよ~。やっぱり社長次第ですね」   十数年前にお聞きした、N社長のお言葉です。   経営環境は目まぐるしく変わってきました。近年は、その速度がさらに加速し、振れ幅も大きくなっています。日々、荒波がやってきているのです。この環境に身をおきながら…

More

第67話 社長の器。我が社を伸ばす社長とつぶす社長

  “会社は、社長の器以上に大きくならない”   会社(組織)は、社長(トップ)の器以上のものにはなりません。我が社を、立派な会社や組織にしたい。社会にさらなる価値を提供しつつ、社員も豊かになってほしい。自社を次のステージに引き上げたい。そう願うのであれば、社長…

More

第66話 リスクを許容するマネジメントの仕組みとは

  「準備は整った。全社一丸となって挑戦していこう」   C社長が力強く幹部社員に語りかけます。   先日お伺いしたクライアント先での出来事です。この日、来期の目標予算が決まりました。そして、どのように目標予算を突破するのか。どう戦って実現させるのか。全社の方向…

More

第65話 経営判断を誤る社長の共通点

  「来期は変革の年にしよう。我が社の将来を考え、来期方針を考えてほしい」   S社長は、幹部社員と選抜した社員をあつめ、合宿形式で方針検討会を実施しました。社長なりの狙いがあり、新たにはじめた取り組みです。   その数日後、小島ははじめてこの会社を訪問しました…

More

第64話 できる社長の幹部人材の見極め方

  「小島先生。ご相談したいことがあるので“責任をとる”という言葉の意味を教えて下さい」   先日、先行経営プロジェクトのメンバーに選抜されたYさんから質問をいただきました。   同じ言葉を使っていたとしても、人の解釈は異なります。幼少期から今現在まで、人生経験…

More

第63話 3J型の浪費社長と3K型の投資社長の違い

  「小島先生。仕組みづくりが上手くいった会社に共通する経営者の特徴って何ですか」   先日、個別相談の中でお聞きしたある社長のお言葉です。   実際には、ご相談というよりも、すでに決心がついており、挨拶がてら前もって自社の状況を伝えておきたい…という感じでした…

More

第62話 組織のチームワークを高める相互理解の進め方

  「もっと協力し合う文化があれば、目標を達成できると思うのですが…」   先日、別のお仕事で知り合ったT取締役からご相談をいただきました。T取締役は、新たに東京営業所を担当することになったそうです。東京営業所は業績不振。3年連続で目標未達の組織です。昨年もあと…

More